淋病

性病・性感染症について

HIV・エイズについて

性病コラム

性病感染ルート

淋病

クラミジアと違い、淋病で病院を訪れるのは圧倒的に男性が多いのが特徴ですが、実は女性は淋病に感染しても自覚症状がほぼなく、8割は感染していても症状が出ていないと言われています。

淋病の症状

男性の症状

尿道炎になり尿道がかゆくなったり、熱を帯びた感じになり排尿時に痛みを感じます。
特に黄色いドロドロとした膿が尿道から出てきます。

この排尿時の痛みだけでも性病感染を疑い、さらに黄色い膿が出てくることによって、淋病とはわからなくても何かしらの性病感染があった、と自覚できます。そうなったらすぐに泌尿器科に行きます。

ただし放置していると稀に症状がなくなってしまうことがあり、これが淋病が治ったと勘違いする要因で、実は体内に淋病が巡っているだけです。生殖器に炎症がおき、無精子症になる可能性が高まります。

女性の症状

おりものが増えたり、かゆみや尿道炎・膀胱炎の症状がみられますが、性病だとは思わずにそのまま放置してしまうことがとても多いです。
特に女性の場合は淋病の症状が普段と変わらないことから無症状であると思い過ごしてしまう可能性がとても高いです。

淋病のまま出産すると、赤ちゃんが重い結膜炎を起こす恐れがあるので必ず完治させることが大切です。

淋病の感染原因

淋病が特に男性に多いのはフェラチオによって感染することが多いためです。喉が淋病に感染しており、そこから男性に淋病が伝染る原因となっています。さらにそこから媒介して広がっていきます。

当然ですが生セックスによっても淋病に感染します。
淋病は感染率30%とHIVの300倍も高い感染率です。

さらに高いスーパー淋病が日本発祥で感染力を高めていて、しかも抗生物質が効かないという新しく強い淋病が出ています。当然ピンサロ、デリヘル、ソープでもスーパー淋病を含む淋病は簡単に感染します。

淋病の治療方法

抗生物質の服用を続けることで治療していきます。症状がなくなっても実際にはまだ淋病が残っているため、服用をやめてしばらくするとまた再発する可能性があります。
医師が完治したと宣言するまでは必ず通院し抗生物質の服用を続けてください。

抗生物質に対抗する淋病が年々現れていますので、現在はペニシリンは効きませんし、ニューキノロンも効きません。最近はセフェム系の抗生物質が淋病の薬として出ています。こちらを服用しますが、いずれ対抗する淋病が出てるく可能性があります。しっかりと完治するよにしましょう。


気になるエイズや性病の検査を自宅で。 これらの検査は登録衛生検査所で実施され、結果はネットで確認できます。 9,450円でクラミジア、淋菌、HIV、梅毒が全て検査できます。
15,750円のキットならクラミジア、淋菌、HIV、梅毒、B型肝炎、C型肝炎、クラミジア(のど)、淋菌(のど) の全てが検査できます。