クラミジア 症状、原因、検査と治療法

性病・性感染症について

HIV・エイズについて

性病コラム

性病感染ルート

クラミジア 症状、原因、検査と治療法

正式名称は性器クラミジア感染症。クラミジアの1種であるクラミジア・トラコマチスが感染することで起こる性行為感染症 (STD)です。
女性の自覚症状がほぼないものの、感染率は男性の二倍と高くなっています。

クラミジアの症状

男性の症状

クラミジアに感染すると翌日から1週間程度で発病します。
最初は排尿時に尿道がピリピリ痛んだり、かゆかったりする症状がみられます。
そのうちに尿道から透明か白っぽい膿が出てきます。

これによってクラミジアとはわからなくても何かしらの性病感染を疑うでしょう。気になったら泌尿器科に行くか、自宅でできる性病検査キットで検査してください。

女性の症状

黄色いおりものが増え、尿道炎や膀胱炎の症状が現れて発覚します。
約80%の女性がクラミジアの自覚症状がありません。
クラミジアに感染したままにすると、子宮内に炎症や癒着等が起こり不妊症になりがちに。
また出産時まで感染していと赤ちゃんが肺炎や結膜炎を起こすことがあります。

クラミジアの感染原因

とにかく性行為全般で感染します。しかも感染確率はHIVの500倍以上の50%の確率で感染します。さらにはフェラだけで感染、ディープキスだけで咽頭感染します。

生挿入していなからクラミジアにならないということはまずあり得ません。ピンサロで簡単にクラミジア感染してしまうのです。またソープ、デリヘルなどでも同様です。コンドームをつけていても生フェラだけで50%の確率でクラミジア感染ということは覚えておきましょう。

もし風俗に行って何かしらの違和感を感じたら、すぐに検査したほうが良いでしょう。

自覚症状があまりないことが多い

特に女性はクラミジアの自覚症状が乏しく、気づかないまま感染を広げている場合が多いのが特徴です。また、症状が知らない間に進行して卵管閉塞や前立腺炎などを引き起こす場合があるので、少しでも異常を感じたらすぐに検査することが大切です。

クラミジアの治療方法

男性の場合は泌尿器科・性病科を受診してください。
女性の場合は産婦人科・性病科を受診してください。
咽頭感染の場合は耳鼻咽喉科を受診してください。

クラミジアの治療は抗生物質を2、3週間服用することで治ります。しかし症状がでなくなってもまた再発する可能性があります。治ったと思っても医者から完治しました、と宣言されるまでは通院してください。

基本的にクラミジアは何度も再発して病院へ再度訪れる性病のひとつです。


気になるエイズや性病の検査を自宅で。 これらの検査は登録衛生検査所で実施され、結果はネットで確認できます。 9,450円でクラミジア、淋菌、HIV、梅毒が全て検査できます。
15,750円のキットならクラミジア、淋菌、HIV、梅毒、B型肝炎、C型肝炎、クラミジア(のど)、淋菌(のど) の全てが検査できます。