生フェラで性病感染

性病・性感染症について

HIV・エイズについて

性病コラム

性病感染ルート

生フェラで性病感染

ソーフやデリヘル、ピンサロなど様々な風俗がありますが、どれも同じなのは生フェラがあるかどうかということです。これによって性病感染することは知られていないのが現状です。

生フェラで感染する性病

生フェラによって感染するのは、淋病、梅毒、クラミジアなどです。
特にクラミジアは感染確率がかなり高いので注意が必要です。

淋病の場合は黄色い膿が出たり排尿痛がするのですぐにわかるでしょう。
梅毒については性器に小豆くらいのしこりができます。また足の付根にリンパの腫れができますがどちにも痛みがありません。
クラミジアも尿道から膿が出たり排尿痛があります。
今は抗生物質によって感染しても治りますので、できるだけ早期発件が必要になります。

喉に性病が生息している

淋病は有名ですが喉に性病の細菌が感染しているため、生フェラのサービスによって性病感染はよくあることです。挿入だけコンドームをつけていても無意味であることがこれでわかると思います。

梅毒に至っては完治はできないと考えられていて、感染したりしない状態まで下げる程度を完治と呼んでいるとのことです。

ですから風俗では生フェラサービスを受けないようにすることが重要です。

もし風俗で生フェラサービスを受けた場合は、症状がない場合もありますから3週間経過後くらいに検査をするとよいでしょう。生フェラされてすぐに検査をしても抗体ができていないことがあるので発見できません。

一度に全ての性病検査ができる検査キットがオススメです。


気になるエイズや性病の検査を自宅で。 これらの検査は登録衛生検査所で実施され、結果はネットで確認できます。 9,450円でクラミジア、淋菌、HIV、梅毒が全て検査できます。
15,750円のキットならクラミジア、淋菌、HIV、梅毒、B型肝炎、C型肝炎、クラミジア(のど)、淋菌(のど) の全てが検査できます。