性病は古代から知られていた

性病・性感染症について

HIV・エイズについて

性病コラム

性病感染ルート

性病は古代から知られていた

性病は近代になってから出てきたわけではありません。大昔から私たちに関わりのある古い病気なのです。根絶できないことが不思議ですね。

淋病が旧約聖書に記されています

旧約聖書のレビ記には『尿道の炎症による漏出があるならば、その人は汚れている。その人の寝床や腰掛けはことごとく汚れている』と書かれています。
これは淋病の症状が書かれていたもので、他にも民数記にも性病の蔓延で24,000人が亡くなったことが恐怖として記されています。

ローマ時代にはさらに性病が蔓延することになり、原因も特定されることなく広がりを見せていたようです。ただし記述を見れば今ではそれが淋病であったり、尖圭コンジローマであることはすぐにわかるような症状が並んでいたのです。

古くから性病が私達と密接な関係にあった

このように過去からずっと性病は生活の一部として常にすぐ近くに存在していました。
現在ではコンドームで性病予防がある程度できるようになっています。先進国のなかでも唯一性病感染率が伸び続けている日本だからこそ、性病予防がとても大切なのではないかと思います。

また、昔とは違い、現在では症状が悪化する前に検査することが可能です。変だなと思ったら症状を照らしあわせ、検査キットを購入して確認してください。
性病にかかっているかどうかの最終判断はあなたではなく、検査キットと医師に任せましょう。検査キットは全て匿名で行えますので安心して下さい。


気になるエイズや性病の検査を自宅で。 これらの検査は登録衛生検査所で実施され、結果はネットで確認できます。 9,450円でクラミジア、淋菌、HIV、梅毒が全て検査できます。
15,750円のキットならクラミジア、淋菌、HIV、梅毒、B型肝炎、C型肝炎、クラミジア(のど)、淋菌(のど) の全てが検査できます。