B型肝炎の感染原因

性病・性感染症について

HIV・エイズについて

性病コラム

性病感染ルート

B型肝炎の感染原因

B型肝炎の感染ルートはいくつかありますが、最近ではセックスによる感染がほとんどです。毎年1万人以上がB型肝炎に感染しているといわれています。

注射による感染

B型肝炎は退役に寄って感染します。このことから輸血によって感染する可能性がありますが現在の日本ではほぼこの可能性はないと考えてよいでしょう。

そのほかには注射針の使い回しなどが指摘されますが、これも近年では減ってきているようです。

セックスによるB型肝炎感染

ここ最近でのB型肝炎感染についてはほとんどがセックスによって感染するものです。

血中にB型肝炎ウイルスがいると、精液、膣分泌液、唾液にまで染み出してきます。これが怖いところですね。菜までのセックスによってB型肝炎に感染してましまいすし、生フェラ、ディープキスなどでもB型肝炎感染があるということです。

また最近は汗や涙にもB型肝炎ウイルスが出てきていることがわかっています。ただしその濃度はそこまで高くないため感染に関しては可能性が低いと考えられています。

B型肝炎を防ぐ方法

B型肝炎ワクチンの予防接種が必要です。これであればほぼ感染を防ぐことが可能です。
またセックスの際は最初から最後までコンドームをつけることでほとんど防げますが、先ほど書いたように唾液にもB型肝炎ウイルスが出てきているため完全ではないと言えます。

感染しても症状が出ない場合が多いため、自分でも気づいていないことがありますが、気になる行為があれば自分で検査しておく必要があるでしょう。


気になるエイズや性病の検査を自宅で。 これらの検査は登録衛生検査所で実施され、結果はネットで確認できます。 9,450円でクラミジア、淋菌、HIV、梅毒が全て検査できます。
15,750円のキットならクラミジア、淋菌、HIV、梅毒、B型肝炎、C型肝炎、クラミジア(のど)、淋菌(のど) の全てが検査できます。