B型肝炎

性病・性感染症について

HIV・エイズについて

性病コラム

性病感染ルート

B型肝炎

B型肝炎の感染原因
B型肝炎の感染ルートはいくつかありますが、最近ではセックスによる感染がほとんどです。毎年1万人以上がB型肝炎に感染しているといわれています。

B型肝炎ワクチン接種について
B型肝炎ワクチンを接種することによって予防ができるため、世界では標準的な予防接種にするような考え方が多いですが、日本では自腹で打たなければなりません。本来は生まれてからすぐにB型肝炎ワクチンを接種して全員がB型肝炎を予防できる体を持たなければならないのです。

B型肝炎の症状
B型肝炎はほとんどが無症状でそのまま過ぎてしまいます。しかし感染があれば次のような症状が出ます。たまに風邪だろうと放置してしまうことがありますが、実際には多くの場合自然治癒してしまうことがあり、なかなか感染を知らない人が多いのが特徴です。

B型肝炎の致死率
B型肝炎の何が怖いかというと、肝硬変、肝臓がん、そして死亡という死に近い病気ということです。しかも高い致死率であることから欧米では新生児にB型肝炎のワクチンを打つことが決まっています。

B型肝炎の感染確率
B型肝炎は風俗を良く知る医師の中ではHIVよりも感染に気をつけたい性感染症のひとつであり、感染力が非常に高いことでしられています。


気になるエイズや性病の検査を自宅で。 これらの検査は登録衛生検査所で実施され、結果はネットで確認できます。 9,450円でクラミジア、淋菌、HIV、梅毒が全て検査できます。
15,750円のキットならクラミジア、淋菌、HIV、梅毒、B型肝炎、C型肝炎、クラミジア(のど)、淋菌(のど) の全てが検査できます。