症状がない性病

性病・性感染症について

HIV・エイズについて

性病コラム

性病感染ルート

症状がない性病

性病は痛みやイボ、膿などの症状がありすぐにわかりますが、実際は無症状の性病は断然多いです。要するに症状がないため、場合によっては沢山の人に性病を移しまくっている可能性があるのです。

女性には症状がない場合が多い、クラミジア

クラミジアは男性の場合初期症状がすぐにでるのでわかります。尿道のピリピリした痛みや白い膿などです。
しかし女性の場合は8割以上が症状がないのです。また男性の場合も2割は症状がないという統計が出ています。

特にクラミジアは性病の代表のようなもので、多くの人が感染する可能性が高いので注意しましょう。何か相手に異変を感じたらすぐにふたりで性病の検査をすることをお薦めします。

エイズ、B型・C型肝炎も症状がない

エイズは潜伏期間がありますからまず感染していてもわからないでしょう。これが原因でどんどんエイズの感染が広がっています。症状はなくても感染はするからです。またB型・C型肝炎も初期症状はなく、悪化してから症状が出て発覚します。

これらは悪化してしまうとかなり大変なので、不特定多数とのセックスをしている方は必ずエイズ、肝炎が検査できるキットを使って感染していないか確認しましょう。初期段階であればまだ手を打てます。

淋病、梅毒も症状がわからなくなりつつある

実は淋病梅毒も症状が薄くなって気づきにくくなっています。これらは『無症候化』と言われていて、性病の進化です。
症状がないように見せかけて、感染を拡大させています。

無症状だからといって放置するとガン、エイズのリスクが極端に高まる

症状がなく痛みが感じないなら放置していて大丈夫と考える人がたまにいますが、これは間違いで、死に至る病気、ガンやエイズの感染率を数百倍高めます。

梅毒が進行すると梅毒が脳や脊髄に達し、痴呆や歩行不能になります。さらに心臓や血管まで入ると死亡します。

女性のクラミジアは子宮内膜炎、不妊、早産、流産のリスクが一気に高まります。尖圭コンジローマの場合は子宮頸がんの原因にもなりえます。

このように感染を知らないまま誰かにまき散らしている可能性と、自分の体が知らない間に性病に蝕まれている可能性があります。思い当たることがあればすぐ性病の検査をして対処しましょう。


気になるエイズや性病の検査を自宅で。 これらの検査は登録衛生検査所で実施され、結果はネットで確認できます。 9,450円でクラミジア、淋菌、HIV、梅毒が全て検査できます。
15,750円のキットならクラミジア、淋菌、HIV、梅毒、B型肝炎、C型肝炎、クラミジア(のど)、淋菌(のど) の全てが検査できます。