女性は性病の自覚症状がない場合が多い

性病・性感染症について

HIV・エイズについて

性病コラム

性病感染ルート

女性は性病の自覚症状がない場合が多い

性感染症は何かしら自覚症状があって、「もしかしたら」と思うことが多いと思われがちです。しかし女性の8割はクラミジア、淋病、肝炎などの自覚症状がないとされています。

自覚症状がないと性感染症になっていないと思い込んでしまう

男性の場合はすぐに症状が出たり痛みを伴うためSTDの検査を受けることが多いですが、女性の場合特にクラミジアや淋病などにかかっていても8割が症状が出ていないことがあり、検査も治療もしていないのが現状です。

知らず知らずに性感染症を広げている場合があるのです。この症状が感じられなくなることをSTDの無症候化と言います。ウイルスたちも症状を自覚させないようにしてさらに繁殖力を高めています。
インフルエンザウイルスのように毎回形を変えて生き残るのと同じで、性感染症も進化しているのです。

特に女性の場合はパートナーが性感染症と診断されたら自覚症状がなくても一緒に検査する必要があります。
そのまま妊娠、出産してしまうと母子感染をしてしまう場合が多く、まだ弱い赤ちゃんにダメージを与えてしまいます。


気になるエイズや性病の検査を自宅で。 これらの検査は登録衛生検査所で実施され、結果はネットで確認できます。 9,450円でクラミジア、淋菌、HIV、梅毒が全て検査できます。
15,750円のキットならクラミジア、淋菌、HIV、梅毒、B型肝炎、C型肝炎、クラミジア(のど)、淋菌(のど) の全てが検査できます。