性病について

性病・性感染症について

HIV・エイズについて

性病コラム

性病感染ルート

性病について

症状がない性病
性病は痛みやイボ、膿などの症状がありすぐにわかりますが、実際は無症状の性病は断然多いです。要するに症状がないため、場合によっては沢山の人に性病を移しまくっている可能性があるのです。

性病も抗体を持ち進化する
昔は効き目のあった抗生物質が効かなくなる、抗体を持った性病が現れています。性病も進化ししているというこで、今後も変化を続ける可能性が高いです。

性病治療は健康保険が使える
性感染症の治療には健康保険が適用されないと思っている人が意外と多いんです。しかしほとんどの性感染症は健康保険が使えます。

性病科はない!病院はここに行く
性病になったと思ったら、何科の病院に行けばよいかわからないという人も少なくありません。大体が『東京 性病科』などで検索して性病科を探すようです。 しかし、そもそも性病を専門に扱う『性病科』の病院はありません。

簡単!性病チェック方法
今の違和感が性病なのかどうか気になる・・・そんな方はまず簡単に症状をチェックしてみてください。該当するものがあれば自宅で検査できるキットがあるので詳しく検査する、そのときに性感染症の恐れがあれば病院へ行きましょう。

フェラチオでも性病に感染します
性交をしていなくても、コンドームをしていたとしてもフェラチオだけで性感染症になります。特に風俗では感染者が必然的に多くなるため感染確率はとても高くなります。

女性は性病の自覚症状がない場合が多い
性感染症は何かしら自覚症状があって、「もしかしたら」と思うことが多いと思われがちです。しかし女性の8割はクラミジア、淋病、肝炎などの自覚症状がないとされています。


気になるエイズや性病の検査を自宅で。 これらの検査は登録衛生検査所で実施され、結果はネットで確認できます。 9,450円でクラミジア、淋菌、HIV、梅毒が全て検査できます。
15,750円のキットならクラミジア、淋菌、HIV、梅毒、B型肝炎、C型肝炎、クラミジア(のど)、淋菌(のど) の全てが検査できます。