エイズの治療費

性病・性感染症について

HIV・エイズについて

性病コラム

性病感染ルート

エイズの治療費

エイズは普通の病気と違い、一生治療が必要な重病です。一体治療費はいくらくらいかかるのでしょうか。

自己負担で20万、保険適用で6万かかる

エイズの治療費は1ヶ月で約20万円程度かかると言われています。健康保険が効くので実質支払うのは6万円程度になります。

個人負担はそれほど高くないものの、実際に新規でエイズ感染している人口が毎年1,000人を超えている現在、国の医療費負担額が毎年25億円以上増えていることも日本人として知っておきたいところです。
このままエイズ感染が倍々になって増えていけば25億円ずつ増えるという図式は簡単に崩れます。くにの財政状況を見ても逼迫していると言えます。

保険適用、障害者認定などでHIV治療費用は抑えられる

HIVに感染すると免疫力が異常に落ちて障害が出るということで障害者認定などを受けることが出来ます。医療費は毎月2万程度だったり数千円にまで落ちる可能性があり、日本での医療費が莫大になっていることから分かる通り、このようなサポートが整っていてHIVの治療費負担は少なくなっています。

ただしこれは自分がHIVであることがわかった時だけです。これを知らずにHIVウイルスをまき散らし、さらに進行させているとすると治療も大変になります。

不特定多数の人と性交渉がある人はすぐにHIV検査をしてください。検査自体は数千円から受けられますので、早期発見で治療費と体への負担を大幅に軽減できます。


気になるエイズや性病の検査を自宅で。 これらの検査は登録衛生検査所で実施され、結果はネットで確認できます。 9,450円でクラミジア、淋菌、HIV、梅毒が全て検査できます。
15,750円のキットならクラミジア、淋菌、HIV、梅毒、B型肝炎、C型肝炎、クラミジア(のど)、淋菌(のど) の全てが検査できます。