エイズについて

性病・性感染症について

HIV・エイズについて

性病コラム

性病感染ルート

エイズについて

包茎とHIV感染率
日本人の半数以上が亀頭が皮で覆われている仮性包茎という状態で、さらにまったく皮が剥けない真性包茎は数%という数字があります。性病に加えHIV感染率が包茎であることに四つ手高まるというデータがあります。

HIVの治療方法
現在ではHIV治療の技術が進んでいるため、飲む薬の量がとても少なくて済みます。以前は1日18錠を5回に分けて飲む必要がありました。HIV感染からすぐにエイズ発病ということにはならず、HIV感染がわかった時点ですぐに治療を開始することで治療内容も変わります。

エイズの潜伏期間
HIV感染からエイズに移行するまでの潜伏期間と呼ばれるような状態を『無症候性キャリア』と言います。HIVに感染してからエイズ発症までの期間がまるまる潜伏期間となるのです。

HIVの初期症状
HIV似感染しても潜伏期間があり、それまでは症状があまり出てきませんが、基本的にある一定の気づかない程度の症状が現れます。

HIV検査でわかること
HIVに感染しているか検査する場合はどのようにすればよいのでしょうか。そしてどうすれば感染していることがわかるのでしょうか。詳しく解説していきます。

HIVと性感染症の相乗効果
性病にかかっているとエイズになりやすいと聞いたことはありませんか?実際にそうですし、エイズが性病の進行を極端に早めることがわかっています。

HIVの感染原因
HIVは血液、精液、体液、母乳に存在するので、これらが体に入ることでHIVに感染します。それぞれ主な感染原因を詳しく解説していきます。

HIVとエイズは違うもの
エイズとHIVの違いを御存知ですか?実際は全く違います。何が違うのか詳しく解説していきます。

エイズの治療費
エイズは普通の病気と違い、一生治療が必要な重病です。一体治療費はいくらくらいかかるのでしょうか。

エイズの怖さ
エイズは治らないし死んでしまう、という情報がエイズの怖さです。もう少しエイズについて詳しく見ていきましょう。


気になるエイズや性病の検査を自宅で。 これらの検査は登録衛生検査所で実施され、結果はネットで確認できます。 9,450円でクラミジア、淋菌、HIV、梅毒が全て検査できます。
15,750円のキットならクラミジア、淋菌、HIV、梅毒、B型肝炎、C型肝炎、クラミジア(のど)、淋菌(のど) の全てが検査できます。